銀座よこ田 - 男眉プライベートサロン
RSS フォローする ファンになる

最新記事

香り?臭い?
眉毛は表情のかなめです
ダンディーと白髪の関係性
ロンドン市民さん、いいのでしょうか?
何もかも自然派でないといけないのか!?

カテゴリー

NEWS
その他
メンズ
メンズ&レディース
レディース
講座
検索エンジンの供給元:

Ginza YOCOTA Blog

香り?臭い?

加齢臭のイメージを増幅するものの原因の一つに
某有名ブランドから出ている男性用化粧品があります。

ヘアトニック
ヘアリキッド
アフターシェーブローション

昔から変わらない「大人の男の香り」で、今でもある世代以上の方々には
無くてはならない人気商品のようです。

ですがこの男性用化粧品、女性からするというちょっと意義ありな代物です・・・。

つけてる本人は慣れてしまってわからないようですが、
この化粧品の香料により、オヤジ臭が何倍にも増幅するのです。
正直、思わず距離を置きたくなる香りです。

エレベーターや電車などの密室空間では逃げることもできないため、
実はおえーとなってる女性は少なくありません。(´・_・`)

臭いは相手に指摘しづらいこともあり最新の注意を払わないといけませんよね。

男性だけではなく女性の香水もそうですが、つけている香りが自分でわかるときは
もうすでにつけ過ぎのレベルなんです。

逆に自分では匂いがしないと思っていてもローションの香りが染み付いていることもあるんですね。

今ではスメルハラスメントという問題もとりだたされています。

良い香り、悪い臭い、鼻につく強烈な香り、ほのかな香り・・・
香りはどんなものでは相手に強い記憶を残します。

今の自分はどんな香りをまとっているのか客観視しながら
周りの人々が心地よく入られる気遣いをしてみてくださいね!


眉毛は表情のかなめです

闘病中の小林麻央さんが自身のブログに、
手術後、抗がん剤の使用をストップしたのをきっかけに
眉毛やまつ毛が生えてきたことを書いていらっしゃいました。
 

「完全に抜けていた眉毛やまつ毛が一ヶ月経たずに、生え始め、形になりました」

「眉毛は、顔の『元気度』に大切な部分だと再確認しました。
看護師さん曰く、眉毛を描くと自信がつくという患者さんが多いそうです」 
とのこと。
 

そうなんです、眉毛は顔の表情をつくる一番大事な部分なのです。









































顔の表情が元気に見える眉毛を描けば気持ちも元気になってきます。
きりりとした眉毛にデザインすれば気持ちもきりりと引き締まってきます。

そして鏡で自分の元気な表情を見た脳は自分は元気だと認識し、
体の細胞も元気に活性化してくれます。
眉毛ひとつで表情はガラリと変わり、気持ちも変わってくるんですね。

看護婦さんがおっしゃったように、闘病中の方がメイクアップをすることは
一番早く効く栄養剤なのです。

麻央さんは元々綺麗な眉毛をお持ちですから、
抜け落ちてしまった時はさぞや悲しかったでしょう、、(´・_・`)
 
でもこうやってブログで日々の出来事を発信していらっしゃるのを拝見していると、
以前はふんわりした女性のイメージだったのですが、
芯が強くて、勇気のあるかっこいい女性なんだな思うようになりました。

お顔が元気になったのをきっかけに、気持ちも新しく
病魔に立ち向かってほしいと心から願っています。

ダンディーと白髪の関係性

白髪がカッコイイ男性芸能人のランキングがでていました。

どの方もよく似合っててシブいです!


1位 岩城晃一さん




















2位 舘ひろしさん



























3位 吉川晃司さん



















ちらほら白髪は見た目年齢をあげてしまうこともありますが、
ある程度『白』の割合が多くなると、
その人を若々しくダンディに見えますよね。


・・・なぜか!?


白髪の効果で顔のシワが目立たなくなるため、
結果、お顔も若く見えるというわけです♪♪


逆に!!!
年を重ねても髪を黒々と染めてしまっていると
お顔の年齢が上がって見えてしまうことが・・・。

男性は55歳くらいからは白髪を嫌がらずに、
染めない勇気をもつか、グレイカラーにするのが1番オススメです!


























えぇ〜、こちら、某カツラメーカーの方です。

ご自身が広告塔だから、あえてというところでしょうが、
カラスを思わせる真っ黒い髪をされています・・・。

う〜む。

ある程度の年齢を重ねた後に、ここまで黒々と染めるならば
しっかり過ぎる程にお顔のケアをして、眉毛に存在感を持たせないと・・・

残念ながら年齢よりお顔を老けさせてみせてしまいます。
アンバランスだからなぁ。

ヨコタとしては、グレイカラーをオススメしたいっ!!!
きっとお顔の印象が若々しくなるはずです。


歳を重ねてからのダンディな印象には、
髪色とお顔のバランスがとーっても重要です。( ^ω^ )

なかなかご自身ではわからないことも多いと思います。
そういう時は、プロの意見をぜひ参考にしてみてくださいね。


ロンドン市民さん、いいのでしょうか?

今話題のロンドン市長、ボリス.ジョンソン氏。

毎度いつ見ても髪の毛ボサボサで気になります。(´Д` )





























































じつは左側に分け目を作ってるようなので朝はとかしてるのかな??

固めてないから崩れちゃうんでしょうかね!?

私的にはトランプ氏より気になる髪事情・・・・謎です。

これで公に出るっていうのは計算した逆イメージ戦略でしょうか。
( ̄◇ ̄;)

この外見と愉快な人柄でイギリス国民の間ではキャラクター化してるようですが・・・。



英国紳士のキャメロン首相とはあまりにも対照的ですよね。



























次のトップ候補だそうですが、そうなったら髪も整えてくれるのかな?

ぜひともビジュアルを一新して出てきてくれることを祈ります。
(T ^ T)




















何もかも自然派でないといけないのか!?

《化粧品、無添加やオーガニックも有害?シャンプーや洗顔料は
使用厳禁?》
というタイトルの記事がありました。

読んでみると日焼け止めから化粧品に関することまで
その医師の見解が書いてあったのですが・・・。

●日焼けについて
ー紫外線は有毒であるので浴びてはならない。
ー日焼け止めも大変有害である。
ー予防するなら日傘帽子サングラスマスクアームカバーで対策。

・・・(O_O)えっ!?

紫外線を浴びてはいけないが、日焼け止めも有害って言われた時点で、
外にでられないなと思ったら・・・

対策は日傘・帽子・サングラス・マスク・アームカバーって。
夏の暑い時に外に出る時にこれらのことができますかね?

必然的に汗だくだし、なんかいろいろ覆ってるし、怪しさ満点。
職質されるの覚悟して出かけないといけませんねぇ。

●無添加表示やオーガニック表示について
ー厚労省は無添加の基準を決めていない、有害物質が入っている。
ー無添加とうたうことで消費者の購買意欲を煽っている。

それはそうかもしれないけど・・・
化粧品を生成するもの自体が有害といわれてしまったら
どうしたらいいかわかりません。(; ̄ェ ̄)

すっぴん万歳ってことですかね??
日焼けしちゃいけないってことに反するような・・・。
相手にいい印象を与えたいっていうことにも反しますよね。

●男性用化粧品について
ー男性は化粧品は不要である。
ーメーカーが売り上げたいために化粧品を使わない男はダサいとCMで刷り込んでいる。
ー男性の肌は化粧品などいらない。保湿したいならおしぼりで顔を拭かないこと。
ー界面活性剤により肌機能が壊れてしまうためシャンプーも洗顔料も使ってはならない。

なんかもう、極端ですよね・・・。

肌質がキレイな男性に何か手入れをしていますか?と尋ねると
スキンケア用品を使っている人が多いですよ。(´・Д・)

この先生の視点でものごとをみていくと・・・

おしぼりダメ→化学洗剤で洗っているから。
水道水ダメ→消毒されているから。
泡ででるハンドソープダメ→界面活性剤が入っているから。
シャンプーにふくまれているシリコンもダメ→化学薬品が含まれているから。

ってなっちゃいますよね。

う~む。
何もかも徹底したナチュラル志向で生きられたらいいのかもしれませんが、
今の世の中、そう簡単にはいきません。

必要性があって出て来ているものが大半なわけですから。

それに、肌ケアの素材を徹底して気にしたところで、
食べるものに化学調味料が入ってたら・・・
結局、体にもお肌にも毒なわけです。

では、調味料のアレもコレも使えないの??
もうどんどんいろんな選択が狭まってできないことが増えますね。

私は、何事もバランスが大事だと考えます。

化学物質アレルギーの場合は徹底してその成分を除去しなければなりませんが、
そうでない場合は、自分にあったものを使って、
自分にあった方法でケアすることこそ、
とても大事なことだと思います。

この香りが好きっ!♪(´ε` )って選ぶこともアリかと。

もちろん、成分を見るのも大切なことです。
化学薬品は絶対に使わないという考えもわかりますし、
そういう方はご自身で自然のものから作ったお手製化粧水などを
使われるのもいいでしょう。

ただ、私は、化学薬品は使わないということにこだわりすぎていると
自分に必要な成分にも出会わないような気がします。

合う合わないという感覚的なものを研ぎすませていくこと、
そしてあまり神経質になりすぎず、いくつか試してみることで
コレだ!というものに出会う可能性があるということも
伝えてもらえるといいのにな~と思いながら記事を読んだのでした。














livedoorニュースより画像をお借りしました